読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

法VS人間~刑事裁判は被害者や遺族の怨念を晴らせない。近代は感情に反する。

#長谷川豊 ~ミス、迷惑、罰、寛容~飲酒運転懲役3年、相模原障碍者殺人、電通うつ病過労死自殺、ハロウィン。 - 在日琉球人の王政復古日記

の続き。

 

いやいや、それでも、飲酒運転の果ての人殺しと、他の迷惑行為は、一緒にはならない!・・・そうかな?

人殺しだって、必ず、絶対に、罰を受けるわけではない。賞賛される場合だってある。

戦争じゃ、敵兵を殺せば英雄である。オサマ・ビン・ラディンを暗殺した、バラク・オバマ殺人罪で逮捕されただろうか? 

 

日本中で行われている妊娠人口中絶だって「殺人」ではないのか?

どうしようもなく追い込まれた女性の判断も、強姦された末の妊婦も、出産しなければ人殺しか?

 

「ハンガー」が象徴する、あるサルのメスの歴史~ポーランド中絶禁止法案否決。 #長谷川豊 #瀬戸内寂聴 - 在日琉球人の王政復古日記

 

ミスしたら、人様に迷惑かけたら罰を受けるんだよ!

 

ミスしたら」、ミスをしたから、罰を受けるのか? そんなこともない。

 

<天王寺・バット男>41歳「目が合い、肩ぶつかり殴った」 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 府警によると、男は無職の松本将史容疑者(41)=同市東淀川区東中島5=で、「目が合い、肩がぶつかったので殴った」と容疑を認めている。

 

天王寺のバット男は、ミスをしたわけではない。まあ、人生そのものをミスした、と言えないこともないが、逮捕された行為は、ミスではなく、故意である。他人を殴りたくて殴ったのであり、彼の意思においてミスも間違いもない。

ビン・ラディンも、アメリカ人を殺したくて、アメリカ人を殺したのだから、計画の成功であり、ミスではない。

しかし、通り魔も、テロリストも、ミスはしてないけど、いや逆に失敗しなかったからこそ、罰せられるのである。

天王寺のバット男だって、他人を無差別に殴る気満々だったけど、実行前に途中でバナナの皮に足を滑らせて、失神・昏倒したら、ミスをしたことにはなるが、他人を殴ることに失敗したから、逆に、逮捕もされず、罰も受けなかった。

 

長谷川豊さんは、「裁判所がやらなきゃいけないことは、酒飲んで運転したらダメだって示すことだ!」と批判してるが、裁判所=日本の司法権力は、ちゃんと「懲役3年6月という刑罰で、「酒飲んで運転したらダメ」なことを、世間に知らしめている。

通常の損得勘定のできるマトモな人間は「3年臭いメシ食って、前科が付くなんて、人生が台無しになって大損だから、飲酒運転なんか止めよう」と計算するのである。

司法権力も、そういうマトモな人間のそういう合理的な判断を期待している。

 

そうは考えない、「3年臭いメシ食って、前科が付くくらい、オレはぜんぜん平気だよ。だから酒を飲んで運転して人も轢くよ。でも、もし10年ムショ暮らしだとしたら、それイヤだから飲酒運転なんかしない」なんていう、判断基準の狂った人間は少ないだろう。

もし、「懲役3年なら飲酒運転する、10年ならしない」なんていう異常な判断基準の人間がいたら(おそらく、いる)、彼の行動は、近代刑法の想定外だから、そもそも司法では止めようがないのだ。

 

法VS人間~刑法は犯罪を禁じていない~近代は自由意志・自己責任のネオリベ思想。 - 在日琉球人の王政復古日記 

 

飲酒運転するバカは、「自分も懲役3年になる」なんて、予想も、想像も、覚悟もしないで、飲酒運転するのだ。3年を10年にしても同じだ。

仮に、飲酒運転の刑罰を「打ち首獄門」に変更したところで、飲酒運転するバカはゼロにはならない。

飲酒運転するバカは「捕まるヤツはバカだ。俺は運転ミスしない。俺は人なんか轢かない。俺はバカじゃない」と信じ込んでいるバカなのである。

彼らは打ち首獄門の土壇場に座ってから「こんなことになるなら、酒を飲むんじゃなかった」と初めて後悔するのだ。

 

飲酒運転のバカは、「オレだけは糖尿病にならない。人工透析も受けない。だから人工透析する他人は実費負担で殺せ」と自信満々でブログに書くフリーアナウンサーと、思考回路は一緒なのである。

 

#長谷川豊 「悪を殺せばすべて解決」というマヌケな大間違い~健康保険と年金はわれわれ善人が食い潰す。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

しかし、それでも、酔っぱらいの人殺しへの罰が、懲役3年でいいのか?

もし、お前が轢き殺されても、お前の家族が轢き殺されても、懲役3年で納得か?満足か?

という反感もあるだろうが、それは、私だってイヤである。

私は、琉球人だから誤解されやすいが(笑)、憲法9条的博愛主義者では全然ないし、アムネスティ的な死刑廃止論者でも(一応)ない。

  

私だって、癒し難い、怨念や復讐心はある。大いにある(笑)。

しかし、理性に従うならば、その怨念や復讐心を、刑事裁判で晴らそうというのは、そもそも無理がある、間違っている、としか言えない。

 

よくよく考えてみよ。「飲酒運転はダメ」という理屈と、「自分や家族を殺した奴は許せない」という感情は、そもそもまったく別々の話なのだ。

そして、刑事裁判は、厳密に言えば「飲酒運転はダメ」なんて広報するためにやってる制度ではない。原理的には「警察および検察による冤罪者を出さない」ための制度なのである。

 

法VS人間~刑事裁判は、被告を裁いていない。検察を裁いている~近代VS反知性主義。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

「飲酒運転はダメ」と広報するためにやってるわけじゃないんだから、「自分や家族を殺した奴は許せない」という感情は、ますます刑事裁判では満たされない。目的が全然異なるからだ。

  

刺身包丁は刃物だが、木材を切って犬小屋を作る道具ではない。

犬小屋を作る刃物は、ノコギリである。

ノコギリは刃物だが、刺身の盛り合わせを作る道具ではない。

刺身を作る刃物は、刺身包丁である。

 

怨念や復讐心を満たしたい欲望が悪いのではない。

怨みを捨てろなんて言ってない。

 

しかし、刑事裁判は、どこまでいっても、しょせん刑事裁判であって、怨念や復讐心を満たす道具としては、基本的に無理があるのだ。用途や目的がぜんぜん異なる「刃物」なのだ。

だから無理矢理に刑事裁判を使って切り刻むと、バラバラな犬小屋やグチャグチャな刺身にしかならない。満足のいく復讐にはならない。

 

刑事裁判怨念や復讐の道具には向かない。

じゃあ、怨念や復讐のための道具とは何か?そもそも存在するのか?

 

それは、また、次のブログで。