読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

ライアン・ゴズリング=日活無国籍アクション(笑)~ラ・ラ・ランド=東京流れ者(渡哲也/鈴木清順)~ドライヴ=ギターを持った渡り鳥(小林旭)

http://img.eiga.k-img.com/images/movie/82024/photo/2ab45c86d85c2716/640.jpg

ラ・ラ・ランド(2016)

 

http://68.media.tumblr.com/29c9a6f6f68c5bc9e345ac9366aad9d4/tumblr_o12onjEhOQ1qagdiqo1_500.gif

日活・東京流れ者(1966)

 

「ラ・ラ・ランド」監督、渡哲也主演映画オマージュ - 映画 : 日刊スポーツ

2017年1月27日
 デイミアン・チャゼル監督(32)は、質疑応答の中で、作品を作る上でオマージュにした過去の映画について聞かれた際、渡哲也(75)が主演し、鈴木清順監督(93)がメガホンを取った66年の映画「東京流れ者」を挙げた。
 監督 言われてみれば、絵コンテの段階から入っていたかも知れないなぁと思うのは、鈴木清順さんの「トウキョウドリフターズ(東京流れ者)」。非常にワイドで撮っているところとか、ポップアートのような色合いとか、非常にミュージカル的なんですけども、銃が入っているミュージカル。もしかしたら多分、これが隠れたオマージュであり、少なくとも米国では誰も、この映画について言及していません。

 

をゐをゐ、アカデミー賞最有力の21世紀ミュージカル映画から、

まさか、昭和ニッポンの鈴木清順日活映画の名前が出てくるとは(笑)。

 

鈴木清順やりたい放題の極彩色アヴァンギャルド日活無国籍アクション。

 


東京流れ者

 

渡哲也は、テレビの西部警察と松竹梅だけじゃない。

映画じゃヤクザだったのだ(笑)。

  

鈴木清順といえば、慰安婦映画を紹介したことがある。

 

《慰安婦映画列伝》日活「春婦傅」(1965)~鈴木清順まる出し(笑)。時代は反体制。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

鈴木清順その後もあまりに無茶苦茶やり過ぎて、一般庶民向けのフツーで平凡で頭を使わないアクション映画を求めた日活社長を怒らせて、首を斬られてしまった(笑)。

 

平成の皆さんに「日活」といってもピンと来ないと思うが、石原裕次郎吉永小百合が活躍した、東宝東映・松竹のライバル会社があったのだ。

 

日活映画石原裕次郎列伝~一輪の花・芦川いづみVS大輪の華・浅丘ルリ子~昔の創価学会員って日活が好きだったんじゃないかな? - 在日琉球人の王政復古日記

 

正直言えば、東映ボンクラ小僧の私としては「ラ・ラ・ランド」みたいなオシャレ映画は苦手(笑)。

しかし、ライアン・ゴズリングといえば、この映画を思い出す。

 


映画『ドライヴ』予告編

 

私みたいなダサい野暮天でも、これくらいの傑作になると、さすがにそのスゴさは解る。

かつてBSで放送されたときのご紹介したことがある。

 

週刊オススメBS無料映画(2014/11/10-11/16)~アルプスの若大将、クィーン、ドライヴ。 - 在日琉球人の王政復古日記

その「クィーン」を押しのけて、今週イチオシなのが「ドライヴ」!
(松竹渥美清男はつらいよ」+日活小林旭「渡り鳥」)×超絶なカッコ良さ。
、、、って説明が変かな(笑)?

 

なんと、私自身が、偶然にも、この映画を「日活」で説明しようとしていた。

「ラ・ラ・ランド」も日活。「ドライヴ」も日活。

つまり、両方の主演のライアン・ゴズリングは、半世紀も前の極東の島国で生まれた仇花・日活無国籍アクション・スピリットの持ち主なのではないか(笑)?

 

「ドライヴ」がなんで日活無国籍アクションなのか?といえば、

「ドライヴ」が西部劇の傑作「シェーン」をオマージュしていて、

日活無国籍アクション・小林旭の「渡り鳥」シリーズも、「シェーン」をパクっているからだ。

 

『正体不明の流れ者が、とある地方にやってきて、女を助けて、悪党どもを倒して、淡い慕情を残しながら去っていく』

双方、元ネタは同じなのである。まあ、よくある話であるが(笑)。

 

その、日活「渡り鳥」シリーズは、松竹の国民的映画「男はつらいよ」シリーズに似ている。

その、松竹「男はつらいよ」をパクったのが、東映菅原文太「トラック野郎」シリーズである。

そして、地方を舞台にした男と女のラブゲーム、という意味では、「渡り鳥」も、男はつらいよ」も、「トラック野郎」も、東宝喜劇・森繁久彌「社長」シリーズと、同じなのだ。

 

ただし、東宝東映、松竹、それぞれ会社の持つ「政治思想(は?)」が異なるので、それぞれ味わいが変わってくる。

 

ラブゲーム東宝「社長、駅前、若大将、無責任」VS純愛松竹「寅さん」VS売春東映「トラック野郎、まむしの兄弟、不良番長」 - 在日琉球人の王政復古日記

 

松竹映画「男はつらいよ」車寅次郎VS東映映画「トラック野郎」星桃次郎~【追悼】高倉健&菅原文太&渥美清。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

東宝「社長」、東映「トラック野郎」、松竹「寅さん」、この3シリーズと、

日活「渡り鳥」の違いは、

「社長」「トラック野郎」「寅さん」の場合は、主人公の森繁、文太、渥美の方から、マドンナに惚れる。そして最終的には、マドンナからフラれて、ラブゲームは失敗に終わる。

「渡り鳥」の場合は、マドンナ(たいがいは浅丘ルリ子)の方から、アキラに惚れる。しかし、アキラもその気マンマンに見せながら(笑)、何にもしないで去っていく。

 

主人公がマドンナにフラれるか?、マドンナが主人公にフラれるか?、ここに大きな違いがある。日活は、どうしても、エエカッコしいなのだ(笑)。そこで好き嫌いが別れる。 

 

「ドライヴ」は、主人公の方から惚れるので、最初は「寅さん」型なんだが、全体の雰囲気と終わり方は「渡り鳥」型である。

 

というわけで、「ドライヴ」や「ラ・ラ・ランド」みたいなのが好きな洋画ファンの皆さんも、「東洋のライアン・ゴズリング(笑)」に出会える、日活無国籍アクションに一度チャレンジしてみてはいかがだろうか?

 

まずは

渡哲也「東京流れ者」

宍戸錠「殺しの烙印」

小林旭「ギターを持った渡り鳥」

石原裕次郎「嵐を呼ぶ男」

あたりからでも。

 

※追記※

 

よくよく考えてみれば、「マッドマックス怒りのデス・ロード」も、

『正体不明の流れ者が、とある地方にやってきて、女を助けて、悪党どもを倒して、淡い慕情を残しながら去っていく』

ということで、同じ話だった。

 

女にうといボンクラ野郎+荒ぶるフェミニスト、奇跡のジェンダー・コラボレーション~映画「マッドマックス怒りのデス・ロード」 - 在日琉球人の王政復古日記

 

映画「マッドマックス怒りのデス・ロード」~ニュークス&ケイパブルの「キス」。マックス&フュリオサの「授乳」。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

女を助けるために、車をぶっ飛ばして勝負する、という意味では、「ドライヴ」も、マッドマックス怒りのデス・ロード」も、「トラック野郎」と同じなのだ。

 

つまり、ライアン・ゴズリングは、アメリカの一番星桃次郎(菅原文太)なのだ。

 

http://img.yaplog.jp/img/18/pc/s/a/y/sayakaaloha/0/50.jpg

 

https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fblogs.c.yimg.jp%2Fres%2Fblog-77-fe%2Fookamikun8000%2Ffolder%2F1525195%2F15%2F63663515%2Fimg_3_m%3F1417529630&twidth=1000&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r

 

どっちがゴズリングでどっちが文太か?見分けが付かないほどソックリ。

そりゃ、カッコイイはずだ(笑)。