在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

昔、石炭。今、成人式~花魁とヤンキーは北九州に残された最後の希望。

政令指定都市という制度がある。

一般の市より格上で、「XX区」なんていう住所がある街だ。

 

戦前から、東京は別格として、大阪市名古屋市京都市横浜市、神戸市が「五大都市」なんて呼ばれて、特別扱いされていた。

戦後になって、その五大都市が政令指定都市になる。

 

そして6番目は、福岡でも札幌でもない。実は北九州市なのだ。

つまり、その時点で、北九州市は、東京も含めて、日本で7番目の大都市だったということになる。ということは、戦後しばらくは北九州市の方が福岡でも札幌市よりも格上だったのだ。

 

ハングルとカタカナの選挙ビラ~舛添要一東京都知事VS舛添弥次郎若松市議会候補。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

2016年、今の北九州市はどうだろうか? 人口は増えているか? 福岡博多より発展しているか?

 

なんで昔の北九州市がそんなに発展したかといえば、明治以降、石炭積出港だったからである。

石炭は製鉄に直結する。石炭がないと鉄は作れない。鉄がないと近代産業はありえない。石炭のある北九州に官営八幡製鉄所も作られる。

石油が登場する前、国家が生きるも死ぬも、経済が発展するもしないも、石炭次第だった時代である。

 

門司、小倉、若松を舞台にした、東映仁侠映画、ヤクザ映画もたくさんある。

現実世界のヤクザ・工藤会も、北九州が発展したから大きくなったのであり、北九州が衰退すれば、工藤会も潰れるのである。 

 

傑作野球映画「ダイナマイトどんどん」も北九州が舞台だ。

 

大映野球映画「ダイナマイトどんどん」(1978)~東宝モダン岡本喜八+東映ヤクザ菅原文太+松竹新喜劇小島秀哉+日活ロマンポルノ宮下順子 - 在日琉球人の王政復古日記

 

大映・東宝・東映・松竹・日活オールスター野球映画「ダイナマイトどんどん」~40年前にできたコトが、なぜ今できないのか? - 在日琉球人の王政復古日記

 

石炭産業がダメになり、昔の栄華を失った北九州。どうやって生き残るのか?

まだまだ、地元には、明治100年が培った「荒ぶる生命力」が残ったいたのだ。

 

http://j-town.net/images/2014/town20140204_getsuyoukara.jpg

 

彼ら、彼女らは、明らかに、バカだと思う。

バカだけど、北九州市の宝である。

彼ら彼女らが北九州を復活させる、最後の希望だ。

 

彼ら彼女らは「平成の石炭」だ。

石炭だから、悪臭や粉塵も撒き散らすし(笑)、近所迷惑である。

しかしエネルギーも持っているのだ。

 

彼ら彼女らのバカ騒ぎを批判する連中がいる。

みっともないから止めろという。

 

成人式「きちんとした服装で」奇抜な衣装に苦情 (読売新聞) - Yahoo!ニュース

こうした事態を受け、市は初めて、成人式の一般的な服装を写真や動画で紹介するサイトを用意し、式の案内はがきで紹介。「『大人』として出席する初めての一大イベント。きちんとした服装で出席するよう心がけましょう」とし、男性はダークスーツ、女性は振り袖などを例に挙げた。

 

じゃあ、ヤンキー&花魁を批判するおエライ方々に、北九州を発展させるアイデアがナニかあるのか?

ナンにも無いのだ。

ヨソの不景気な地方都市と何も変わらない、政府から引っ張ってきた地方交付税=借金で、クソの役にも立たないハコ物を建てるだけだ。

 

ダークスーツに、普通の振袖。

成人式に、企業説明会みたいなカッコウの連中を集めて、いったい、ナンの役に立ち、ナンの意味があるのか?

そんな「おとなしい」「物分りのいい」「賢い」若者は、滅び行く生まれ故郷と心中するつもりはない。福岡の企業に就職し、関西の大学に進学し、東京に遊びに行く。

 

確かに、花魁や派手な羽織袴のヤンキーは心底バカである。

しかし彼ら彼女らを批判する連中は、それ以下の無能だ。真の意味でバカなのだ。

 

超ド派手…花魁姿にカラフル羽織袴 北九州の成人式、周辺・お祭り騒ぎ…式典・静粛の棲み分け (産経新聞) - Yahoo!ニュース

 名前や地区が印刷された旗や、そろいの衣装代として10万円程度を用意した。「お金に余裕はないけれど、多少無理をしても、しっかりやりたい。自分たちにとって、成人式は特別なイベント」と語った。

 

けなげではないか。金持ちの道楽ではないのだ。

 

 こうしたど派手な成人式は十数年前から始まったという。北九州市小倉北区の貸衣装店「みやび」は例年、市外も含め千人前後の若者の注文に応じ、衣装を提供する。

 「雷神のように小太鼓を背負ってみたい」「スパンコールをちりばめた白い着物がほしい」などの要望にも応えるうちに、沖縄や関西から注文が来るほどの有名店になった。

 

そして、現実に、経済を動かしているのである。

 

実際、東京からテレビの取材が来て、全国に北九州の名前を売ったのだ。

こんな広報宣伝、市役所が自前でやったら、何億円かかると思うのか?

それが実質0円。ヤンキーたちの自発的ボランティアである。

 

北九州市は、自然発生した、ゼニを産み出す「平成の炭鉱」を、わざわざ自分たちで潰そうとしているのである。

逆だろう。

「北九州といえば、成人式」「成人式といえば、北九州」と全国から言われるくらい、成人式を地元名物、観光資源に守り立てていくのが地域振興なのである。

 

だんじり祭りが無かったら、岸和田なんてタダの地方である。

ねぶたで、青森県はどれだけ観光客を集めているか?

阿波踊りのない徳島に魅力があるか?

近所迷惑、下品、というけれど、近所迷惑でない祭りなんてもんはない。

だんじりもねぶたも阿波踊りも、交通規制して、道路を占有する。十分近所迷惑なのだ。じゃあ地元のために祭りなんて止めた方がいいのか? 

 

成人式を「北九州のハロウィン」にするのだ。それが北九州市の仕事だ。

 

地方創生とは、そういうことだ。

 

下関・合田一家~二代目山口組暗殺+SMAPジャニーズ+大手ゼネコン+SEALDs+帝国議会議員~籠寅組・保良浅之助。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

ハロウィンがOKで、花魁&ヤンキー成人式がダメ~自分で自分の首を絞めてナニが地方創生だ(笑)。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

「成人式」より「未成年バカ祭り」を!~バカ成人こそ地元の宝である。 - 在日琉球人の王政復古日記

  

平成・成人式の花魁、江戸時代の島田髷、李氏朝鮮の妓生チョゴリ~女性は娼婦を真似る。男はヤクザを真似る。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

階級差別と人民平等~戦前バンカラ学生の街頭ストーム~18世紀フランス社交界~平成ヤンキー花魁成人式。 - 在日琉球人の王政復古日記

  

とうとう本当の「幕末」がやってきた~「名無し暴走族」と「シャッター商店街」は日本近世終焉という意味で同じこと。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

ハロウィンの倫理と享楽的大散財主義の精神~どうせ人間はいつか死ぬ。自転車は倒れたままでいいのだ。 - 在日琉球人の王政復古日記