在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

科学「事実から結論」VS宗教「結論から宣伝(虚偽も可)」~前川喜平、籠池が何を喋ろうが、安倍支持もアンチ安倍も信仰は変わらない。

本人に悪気はないのだろうが、仏教を称賛する人に、たまに、贔屓の引き倒しをする人がいる。

仏教は宗教ではなく哲学だ」「仏教は科学に一致する」てな主張だ。

 

そりゃ仏教思想に哲学の要素はたしかにある。

また仏教の教説には、解釈によっては、科学と一致する偶然もあるだろう。

だからといって、仏教は、単なる哲学ではないし、絶対に科学ではない。

 

仏教だけでなく、キリスト教イスラムにだって哲学の要素はある。

だからといって、キリスト教イスラムには、哲学のテリトリーには収まり切れない過剰で異常な部分がある。それが宗教なのである。

逆にそういう「不合理な狂気」がなければ、人間が救われるはずがない。

 

仏教は、「輪廻」という科学的には全く不合理な考え方を基礎に出発してるんだから、科学なわけがない。

仏教は、人間は救われるのか?救済とは何か?という科学には何の関係もない目的があるんだから、科学なわけがない。

仏教はどこまで行っても宗教である。仏教科学的には不合理な思想だ。

それで、いったい何が困るのか? それでいいではないか。

 

仏教が、科学ではないこと、宗教であること、に、それを信仰すること、に、とりあえずの危険はない(取り合えず、だが)。

一番危険なのは、「仏教は科学だ」と言い出すことなのだ。「私の宗教は科学だ」と言い出すことなのだ。それは完全に間違ってるし、厄介なトラブルしか起こさない。

 

閉会中審査 前川喜平前文科次官に「現職中になぜ職責を果さなかったのか」の追及も 新たな事実なし (産経新聞) - Yahoo!ニュース

2017/7/10(月)
(略)
 また前川氏は、議論の焦点について「(獣医学部新設で)どういう条件を付して、どういうことが起きたのかが焦点」と指摘。「(規制緩和の)穴の開け方に不透明さがある」と指摘すると、野党席からは「いい答弁だ」などの声が上がる一幕もあったが、前川氏が新たな事実を明かすことはなかった。

 

<籠池氏招致>維新ダメージ狙う自民 各党思惑、政争の具に (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

2017/7/10(月)
 大阪府議会で10日午後に始まった学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典前理事長に対する参考人招致を巡っては、各党の思惑が絡み合う。
 参考人招致は6月、教育常任委員会の代表者会議で自民党が提案した。最大会派の大阪維新の会は非公開の秘密会での開催を求めたが、自民は本会議招致に作戦を変更。招致を決める議会運営委員会は、自民と、同調する公明とで過半数を占め、招致に消極的とみられることを嫌がった維新も折れた。
 自民の花谷充愉(みつよし)府議団幹事長は「府の担当者や維新議員と籠池氏がどんなやり取りをしたのかを尋ねたい」。5日には複数の自民府議が籠池氏の自宅を訪ねた。籠池氏は申請取り下げ後、松井一郎大阪府知事(維新代表)を批判しており、維新府議は「自民は籠池氏と綿密に打ち合わせしてくるはず」と警戒する。
 ただ、自民側には公明が本当に同調するか疑念もあった。大阪都構想の法定協議会設置を巡り、公明は維新と歩調を合わせてきたからだ。公明の八重樫善幸府議団幹事長は「秘密会では籠池氏にあることないことを言われても反論できない」と説明するが、公明は自民が求めた調査特別委員会(百条委員会)の設置に反対し、維新への配慮もうかがえる。
 「自民は維新のダメージを狙い、関係者の参考人招致を9月の堺市長選まで何度も求めてくるはずだ」(維新府議)。招致は政争の具となりつつある。

 

どっちの参考人招致も、どっちの新聞報道も、内容まで読む気にまではならないのは、内容はたいして重要ではないからだ。

 

産経新聞や読売新聞は、安倍ちゃんを擁護する方向で筆を曲げているし、

朝日新聞毎日新聞は、安倍ちゃんを批判する方向で筆を曲げている。

 

そもそも、元々から、左翼と在日が大嫌いで、安倍ちゃん支持だったのに、前川さんの証言を読んだとたん、「今まで信じてたのに、安倍ってのは野郎はとんでもない悪党だ!」と怒って、安倍支持からアンチ安倍に変わった人が、どれくらいいるだろうか? 特にネット世界に(笑)。

 

そもそも、元々から、憲法9条を擁護し、アンチ安倍だったのに、籠池さんの証言を読んだとたん、「今まではひどい奴だと誤解してたが、安倍さんもなかなか善人では?」と判って、アンチ安倍から安倍支持に変わった人が、1人でもいるだろうか? 特にネット世界に(笑)。

 

安倍ちゃん支持も、アンチ安倍も、読む前から100%鉄板だ。

どうせ、あなたの考え方も、相手の考え方も、何をどれだけ読もうが、絶対に変わらないんだから、何が書かれてようが、読むだけ時間の無駄ではないか(笑)。

 

気に入らない、不愉快な、悪い結果の世論調査は、陰謀だ!ねつ造だ!偏向だ!

嬉しい、思い通りの、イイ結果の世論調査は、国民の声だ!

都合の悪い情報はウソだと黙殺し、

都合の良い情報だけをもはや原型をとどめないくらい過大なにふくらまし、

ネットニュースに大量にコメントしまくり、TwitterSNSに書きまくり、どんなニュースが飛び込んでこようが、1000年前(笑)から結論が変わらない信者同士でイイネ!を付け合うのである。

 

日蓮正宗から罵詈雑言を浴びても、池田大作先生への忠誠は揺るがない。

池田大作先生への批判は、どんな虚言を弄しても、ネチネチと反撃する。

何が違うんだ? 創価学会を馬鹿にする権利が、世俗の双方に、あるのか?

 

もともと籠池さんは幼稚園で教育勅語を斉唱させていた。それで人気があった。

騒動が起こる前は、いや騒動は始まったころは、産経新聞も、安倍ちゃん支持派も、自称保守派も、みんな、籠池さんを真っ当な愛国的教育者だと賞賛し、疑惑を否定し、「教育勅語の何が悪い?!」と批判者を罵倒していたのである。

 

【保存資料】2015/01/08産経新聞「森友学園」「塚本幼稚園」「籠池泰典」【リンク切れ対応】 - 在日琉球人の王政復古日記

 

2年前のことは、安倍ちゃん支持者ご本人が一番よく知っていることだ。

もし、忘れたのなら、2015年から2016あたりの、自分が書いたTwitterSNSを読み返せばすぐに思い出す。都合が悪くなったどこかの誰か(笑)が削除する前に。

 

しかし、騒動が大きくなり、籠池さんの本来の「お茶目っぷり(笑)」が露出し始めると、ネット住民は、安倍ちゃんと籠池さんの両方を弁護することが難しくなって、安倍ちゃんを救うために、手の平を反して、籠池さんを切り捨てたのである。

 

籠池さんが教育勅語を理念として幼児教育してきた事実は間違いないのに、それを「無かったこと」にして、安倍ちゃんを守るために、籠池さんを叩きまくるわけだ。

そりゃ、籠池さんが怒るののも当然である(笑)。

 

2017年現在、安倍支持派は、教育勅語に熱心だった籠池さんを、真の愛国者だ!立派な教育者だ!疑惑は在日の陰謀だ!無罪放免だ!と主張しているのだろうか? 

また、自分が書いた数か月前のTwitterSNSを読み返さないと思い出せないかもしれないが。

 

安倍ちゃん支持者は、教育勅語を捨てて、安倍ちゃんを取ったのだ。

だって、ホンキで教育勅語を愛していたわけじゃないから(笑)。

愛読してる新聞やネット論客が「教育勅語は素晴らしい!」と主張していたから、乗っかっただけの話だ。

自称保守派が守りたいのは、教育勅語か?安倍ちゃんか?どっち?

おそらく、どっちでもなく、守りたいのは「自分のプライド」だろうけど。

 

逆に、これまで籠池さんを、軍国主義者!ファシスト!と罵倒していたアンチ安倍派が、安倍ちゃんの頭痛のタネになって、自民党の票を減らし、安倍ちゃんに向かって百万円の札束を振り回して踊っている、お茶目なトリックスター籠池さんを、180度ひっくり返って、応援するのである。

 

前川喜平氏は、JK出会い系バーにご執心で、頻繁に出入りしていたらしい。本当に性行為をやったかどうかまではよく知らない。

 

安倍ちゃん支持派は、ナベツネ読売のリーク報道に、鬼の首を取ったように、破廉恥だ!売春だ!教育官僚失格だ!暴力団ツーカーだ!、と連呼する。そして結論は決まってる。「そんなドスケベ野郎の証言は信用できない」。

 

対して、アンチ安倍派は、これまた不思議なくらい、前川喜平氏の歌舞伎町ナイトライフ(笑)を不問に付す。

普段は、売春反対や女性の人権を訴えてるフェミニストまで、前川喜平氏と未成年少女との不思議な関係にダンマリである。

 

もしも、前川喜平氏が安倍ちゃん全面擁護の政権側証言者だったならば、アンチ安倍派は、同じように前川喜平氏の下半身スキャンダルを「加計問題とは何ら関係ない」とスルーしただろうか?

おそらくは正反対の態度だろう。鬼の首を取ったように、破廉恥だ!売春だ!教育官僚失格だ!暴力団ツーカーだ!、と連呼する。そして結論は決まってる。「そんなドスケベ野郎の証言は信用できない」。

 

個人的には、政治家のセックスには、世間基準より、はるかに寛容である。

強姦などの犯罪は完全な論外だが、暴力の介在しない合意の上なら、スキャンダラスであろうが、売春であろうが、不倫であろうが、女性と乳繰り合おうが、男性と魔羅繰り合おうが、逆に変った性癖くらいの方が、政治家としては面白い(笑)。

 

宮崎謙介VS米内光政海軍大将&自民党生みの親・三木武吉~政治家なら「芸者」と「妾」。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

「女性にモテない夫なんてつまらない」~宮崎謙介VS四代目坂田藤十郎~金子恵美議員は扇千景大先輩を見習え。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

乙武洋匡VS田母神俊雄VS武藤貴也VS宮崎謙介VS米内光政VS扇千景~政治家下半身百景。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

田母神さんだろうが、自民党の陣笠だろうが、セックスをネタに批判はしない。逆に、その「人間味」を評価するくらいである。

 

ただし、性癖が凡庸か面白いかと、政治発言や政治行為の真偽・是非はまた別の話だ。

 

科学と宗教はどう違うのか?

 

まず発見された事実がある。そこから結論へ至る。それが「科学」である。

これを、ムズカシイ用語で書き直すと「帰納法」だ。

ゆえに、科学は、全てが、常に、「仮説」に過ぎない。

新たな事実が発見されれば、それまでの結論がひっくり返ることもある。

コペルニクスの発見はアリストテレス宇宙論をひっくり返した。

 

まず絶対に動かせない結論がある。そこから、結論に都合の良い事実を拾い集め、都合の悪い事実を抹殺し、場合によっては事実でない虚偽を創造=ねつ造でも構わない。これが「宗教」である。

これを、カッチョイイ用語で言い換えると「演繹法」だ。

ゆえに新たに何が見つかろうが、最初の結論は絶対にひっくり返らない。

ダーウィン進化論から見て、記述が無茶苦茶でも、聖書の価値は変わらない。

 

科学はそうでなければならないし、宗教もそうであって構わない。

科学と宗教は全く異なるモノだからだ。

宗教が間違いなのではない。宗教を科学だとカン違いするのが間違いなのだ。  

 

仏教は科学である」みたいな意見が根本的に間違っているのは、

もし、仏教が科学と一致するのならば、仏教は「新しい発見でコロコロ変わる仮説」と一致する、ということになる。

つまり、釈迦の教説はコロコロ変わる仮説である、と主張してるのも同じだ。

そんな、状況次第でコロコロ変わるモノで、人間が救われるのならば、誰も苦労はしないのである。

 

仮に、安倍ちゃんへの評価が、新たな事実によってコロコロ変わる、愛国者から売国奴に変わることもある、軍国主義ファシストから誠実な政治家に変わることもある、そういう考え方ならば、そういう態度ならば、科学の一種、社会科学としての政治学かもしれない。

安倍ちゃんへの好き嫌いよりも、事実を重視する。それが社会科学としての政治学的な態度だ。

 

しかし、どんな事実が出てこようが、愛国者愛国者のまんま、ファシストとはファシストのまんま。それは政治学ではないし、ましてや科学ではありえない。

結論が先にあって、結論に合致するように事実を取捨選択する。それは宗教である。

 

安倍ちゃん支持も「宗教」なのだ。アンチ安倍も「宗教」なのだ。それでいいじゃないか。

宗教は恥ずかしいことでも何でもない。釈迦も、イエスも、ムハンマドも、法然も、親鸞も、日蓮も、貴方たち平成の有象無象よりはるかに優れた人物ではないか。 

 

親鸞はかく語った。

阿弥陀如来が本当に救ってくださるのかどうかの証拠はない。私が、浄土思想を説く法然上人に、騙されてるだけかもしれない。それでも無能な私には念仏以外にできることなど何もない。他に道は無いんだから、地獄に落ちても悔いはない。私は念仏を選ぶのだ。いや念仏が私を選んだのだ。」

宗教は「決断」だ。

薄弱な根拠しかなくても、覚悟を決めて、「飛ぶ」しかない。

たとえ行きつく先が奈落の底であろうと、他に行き場所はないのだ。

こんな考え方が科学なわけがない。

 

自分の根拠が宗教なのに、万人誰にでも通用する科学であるかのように、信者以外にも通用すると思い込んでるのが間違いなのである。

事実として、ヤフーコメントで何百回、安倍ちゃんを擁護しようが、twitterSNSで叩こうが、同じ宗派以外の他人に、敵対宗派の異教徒に、あなたの論法が通用したことなんか、ただの一度も、全くないでしょ(笑)。

 

それは相手が、馬鹿なわけでもなし、悪魔だからでもない。信仰する宗派が異なる、という当たり前で些細な違いなのだ。

 

あなたの祈りを、あなたの神は聞いてくださってる(んじゃないかな?)。

しかし、あかの他人に、あなたの妄想に付き合って賛同する義理はない。

 

(流用御免)科学「事実から結論」VS宗教「結論から宣伝(虚偽も可)」~蓮舫たんが何を喋ろうが、リベラル派もアンチ民進も信仰は変わらない。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

小保方さんとSTAP細胞(その3)~ガリレオ「それでも地球は回る」VSイエス「神を試みてはならない」 - 在日琉球人の王政復古日記

 

6000年前、人間と恐竜は共生していた~ISISイスラム国VSアメリカ創造博物館~「神の国」を目指す気持ちは同じ。 - 在日琉球人の王政復古日記

  

「天動説」のままだった方がまだ幸せだったかも~コペルニクスが生んだ「もう一つの地動説」。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

「余命三年時事日記」という宗教~ネトウヨVS安倍信者の工作員(笑)戦争~日韓慰安婦合意。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

《馬鹿映画列伝》「まぼろしの市街戦」(1966年)~ヨハネ福音書「言葉は神」VS創世記「善悪を知る木」。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

《馬鹿映画列伝》「26世紀青年/IDIOCRACY」(2006年)~論語VS老荘~イワンの馬鹿、ポルポト、反知性主義。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

カストロやチェ・ゲバラが「南米の毛沢東、金日成、ポルポト」「左翼のピノチェト」にならなかった理由は?~科学から神学へ後退する政治学。 - 在日琉球人の王政復古日記