在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

昭和天皇沖縄メッセージ~尖閣沖縄が日本なら、朝鮮も日本。~ #ウーマンラッシュアワー #村本大輔 #朝生

“天皇メッセージ” – 沖縄県公文書館

USCAR文書
天皇メッセージ”
米国国立公文書館から収集した“天皇メッセージ”を公開しました。(平成20年3月25日)
同文書は、1947年9月、米国による沖縄の軍事占領に関して、宮内庁御用掛の寺崎英成を通じてシーボルト連合国最高司令官政治顧問に伝えられた天皇の見解をまとめたメモです。【資料コード:0000017550】
内容は概ね以下の通りです。
(1)米国による琉球諸島の軍事占領の継続を望む。
(2)上記(1)の占領は、日本の主権を残したままで長期租借によるべき。
(3)上記(1)の手続は、米国と日本の二国間条約によるべき。
メモによると、天皇は米国による沖縄占領は日米双方に利し、共産主義勢力の影響を懸念する日本国民の賛同も得られるなどとしています。1979年にこの文書が発見されると、象徴天皇制の下での昭和天皇と政治の関わりを示す文書として注目を集めました。天皇メッセージをめぐっては、日本本土の国体護持のために沖縄を切り捨てたとする議論や、長期租借の形式をとることで潜在的主権を確保する意図だったという議論などがあり、その意図や政治的・外交的影響についてはなお論争があります。

 

畏れ多いことだが、昭和天皇におかれましても、ウーマン村本やホリエモンと同じ「琉球あげちゃえば」の御聖断を下された。 

 

「尖閣を取られてもいい」「沖縄は中国から取ったんでしょ」 #ウーマンラッシュアワー #村本大輔 #ホリエモン #朝生 - 在日琉球人の王政復古日記

の続き。

 

ここで、絶対に、絶対に、絶対に、誤解されたくないことがある。

私は、昭和天皇の「琉球あげちゃえば御聖断」を、批判しない。

日本の生死を背負った国家指導者として、当たり前の決断である。

 

もちろん、同胞の琉球土人(多くは左翼)の中には「昭和天皇は、オキナワを見捨てた!」とかナンとか、ナンクセをつける馬鹿もいるが、私は違う。

昭和天皇の「琉球あげちゃえば」御聖断は、政治として、まったく正しい。

 

他人がナイフを構えて「心臓」を狙ってくる。私なら「手」で払いのける。

もちろん「手」は大怪我をするかもしれないが、「心臓」を守る。

最悪「手」を失っても、私は死なないが、「心臓」を失ったら私は死ぬ。

 

「王手飛車取り」を打たれて、飛車を守る馬鹿はいない。王将を逃がすのが最優先である。

 

大東亜戦争とは、株価が暴落してるのに「いつか上げる」と、握ったボロ株を「塩漬け」にし、さらに無茶な「ナンピン買い」を繰り返し、ドツボにはまった下手糞投資家である。

大出血覚悟で「損切り」しないと、本当に電車に飛び込むしかなくなる。

 

それが「日本のいちばん長い日」だった。

 

《靖国映画列伝》東宝「日本のいちばん長い日」(1967)VS東映「あゝ決戦航空隊」(1974)~【追悼】菅原文太。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

昭和20年。昭和天皇にとって、「皇土・日本」をすべて失うか?、「皇民・日本人」を全滅させるか?、の「投了」寸前であった。

プロの将棋指し(国家指導者)として、王将(皇土・日本、皇民・日本人)を守るために、飛車(皇土・日本以外、皇民・日本人以外)を放棄するのは当たり前だ。

しかも、琉球は「飛車」ではなく「香車」レベルの小駒だ。香車で済むなら安いものなのだ。

 

1945年時点の昭和天皇のご宸襟に置かれましては、琉球は皇土の範囲に入らないし、琉球人は皇民の正規のメンバーではなかった。

つまり、昭和天皇にとって、琉球は(本州・四国・九州と同じ意味での)日本ではないし、琉球人は日本人ではないのだ。

 

日本は、琉球と同時に、朝鮮半島も、台湾も、南樺太も、放棄した。

つまり、琉球と、朝鮮と、台湾と、南樺太は、同じ立場なのである。

 

もしも、琉球は皇土だというのなら、朝鮮も台湾も南樺太も皇土のはずだ。

もしも、琉球人も皇民というのなら、朝鮮人も皇民ではないか。

 

21世紀、極端な右翼ですら、「竹島を返せ!」が限界で、「朝鮮半島を日本に取り戻せ!」とは豪語しない。

なんで、琉球だけが日本で、朝鮮は日本じゃないのか?

沖縄返還運動をやったように、朝鮮返還運動もやるべきではないのか?

文在寅大統領や元慰安婦や挺対協に対して「韓半島は日本の国土だし、皆さんも日本人なんだよ」と、今上陛下や安倍ちゃんが明言すべきではないか?

 

東京裁判VSカイロ宣言~大東亜戦争VS韓国併合~ #安倍談話 は朝鮮半島を含むのか?含まないのか? - 在日琉球人の王政復古日記

 

朝鮮が要らないんなら、日本じゃないのなら、 

琉球も要らないし、日本じゃないではないか。 

 

そもそも、琉球が日本の支配下に入ったのは19世紀末が初めてなのだ。

江戸時代も、室町時代も、鎌倉時代も、平安時代も、古代までさかのぼって、琉球が日本の領土になったことは一度もない。

同盟して、一緒に戦った経験すらない琉球より、

任那日本府だの、百済は同盟国だの、明らかに関与していた朝鮮半島の方が、

よっぽど日本に近い関係である。

 

イザナギ&イザナミ御二柱は「琉球」を産んでない。古事記こそ琉球独立の根拠である。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

そもそも、琉球には天皇陛下じゃない別個の王様=尚氏がいた。もし琉球が日本なら、日本には王統が2つもあったのか? 正統なのはどっちの王家だ?

尚氏は、朝廷から官位を貰ったのは、これも19世紀末が初めてで、それまで天皇陛下の臣下になったことは一度もない。天皇陛下の臣下でない者が日本人のわけがないではないか。

尚氏は明国清国に朝貢したわけで、もし琉球が日本なら、日本は支那朝貢国という理屈になる。

 

どっちがキング(王様)かな?~1819年尖閣~江戸時代の琉球王族は日本人か?天皇家と尚氏、王統が2つあったのか? - 在日琉球人の王政復古日記

  

日本と、朝鮮と、琉球の歴史を並べれば、多少のズレはあっても、よく似た経過をたどっている。

 

※ほとんど一緒だった列島と半島が、政治的・文化的に決別する。
0663年 日本/朝鮮 白村江の戦い
※高麗建国と同時期、日本も中世が始まリ、軍人が台頭する。
0918年 朝鮮 高麗建国。
0935年 日本 承平天慶の乱。武士誕生。
1086年 日本 白河院政。中世開始。
1156年 日本 保元の乱。武士台頭。
1170年 朝鮮 武人政権。
1185年 日本 鎌倉幕府
1221年 日本 承久の乱。武士優位。
※蒙古の世界史的膨張が極東までやって来る。朝鮮は支那支配下。日本は独立。日本と朝鮮の基本システムが大きく分かれる。
1232年 朝鮮 蒙古支配下
1274年 日本 蒙古襲来。
李朝建国と同時期、日本は朝廷衰亡、武士完全優位。琉球も本格政権誕生。
1392年 日本 南北朝統一。武士完全優位。
1392年 朝鮮 李氏朝鮮建国。
1406年 琉球 第一尚氏王統。
1469年 琉球 第二尚氏王統。
※日本で中世が終わり、全国政権誕生。朝鮮と琉球を侵略。朝鮮は支那支配下に残り、琉球は日本と支那に両属。
1590年 日本 豊臣秀吉全国統一。
1592年 日本/朝鮮 文禄慶長の役
1609年 日本/琉球 琉球侵略。薩摩藩支配下
1637年 朝鮮 三田渡の降伏。清国支配下
※東アジア近代化。日本は朝鮮と琉球を完全支配下
1868年 日本 戊辰戦争。近代化開始。
1872年 琉球 琉球処分。日本支配下
1875年 日本/朝鮮 江華島事件。日本朝鮮介入。
1910年 日本/朝鮮 日韓併合。日本支配下
1919年 朝鮮 大韓民国臨時政府
※日本敗戦。日本、琉球、朝鮮南半はアメリ支配下。朝鮮北半は支那支配下
1945年 日本 大東亜戦争敗戦。GHQ支配下
1945年 朝鮮 ポツダム宣言朝鮮半島光復。米ソ支配下
1945年 琉球 沖縄戦アメリカ軍支配下
1950年 朝鮮 朝鮮戦争
琉球再び日本支配下。韓国民主化北朝鮮経済崩壊でカルト化。
1972年 琉球 沖縄返還・本土復帰。戦後日本支配下
1979年 朝鮮 朴正煕暗殺。

 

マクロで見れば、琉球と朝鮮はほとんど同じである。

前近代、李氏朝鮮と尚氏琉球支那の明国清国に朝貢して冊封体制に入る。

 

冊封体制とは、前近代の超大国支那の経済力・軍事力を担保とした、東アジア安全保障体制である。

日本の室町幕府は準加盟くらいで、徳川幕府は距離を置いて参加しなかった。

 

そういう意味で、戦後の超大国アメリカの経済力・軍事力を担保とした、東アジア安全保障体制とよく似ている。

今の日本は、ご存知の通り、アタマからケツまでドップリとハマっている。

北朝鮮は、その安全保障体制に入ってない。

つまり徳川幕府は、前近代東アジアの変わり者、現在の北朝鮮みたいな立場だったのだ(笑)。

 

それでも、朝鮮は、厳しい縛りを嫌がったが、支那からの圧力で不本意ながら冊封体制に入った様子がうかがえる。

しかし、琉球は、支那から強制された様子はほとんどなく、自分から進んで、積極的に、支那冊封体制に入れて貰った。

 

当時の琉球には、支那に侵略された、という被害者意識は無かっただろう。

そこら辺が親米保守派の日米安保体制に対するスタンスに近い(笑)。

 

【史実】琉球は歴代中国帝国の冊封国~たとえポツダム宣言や東京裁判が屈辱でも「無かった」ことにはならない。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

近代、李氏朝鮮と尚氏琉球は日本の植民地体制に入る。

こっちは、朝鮮も琉球も、感覚は同じで、間違いなく「無理矢理」である。

当時なら、朝鮮人にも、琉球人にも「もともと、でも中国から取ったんでしょ?」に近い感覚は、確かにあっただろう。

 

まあ、どっちでもいい。

琉球が日本なら、朝鮮も日本だ。

朝鮮が日本じゃないのなら、琉球も日本じゃない。

どっちでもいいが、ハッキリ、どっちかの結論に決めて欲しい(笑)。 

 

「私、琉球人でよかった」ってことは、何も無かった(笑)~東映「日本女侠伝 激斗ひめゆり岬」(1971) - 在日琉球人の王政復古日記

 

これでもまだ沖縄は日本か?~メリケン粉卒業式&小学生飲酒運転~琉球は日本ではなく第三世界である。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

移民先と移民元~日本は琉球ではない。よって、琉球も日本ではない。 - 在日琉球人の王政復古日記