読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在日琉球人の王政復古日記

NATION OF LEQUIO

もしもジャガイモ、トウモロコシがベーリング海峡を渡っていたら?~コメ・シャモVSイモ・アイヌの日本列島争奪戦。

『日本人はアイヌを差別していない!』

『何かといえば、差別!差別!とうるさい連中だ。』

『そんなに利権が欲しいのか?』

アイヌの正体は在日。』

 

といった感想が多そうだ。

誠におっしゃる通りで、優れた歴史と先進性を持つ、選ばれた民族・日本人が、遅れた周辺野蛮人を差別するはずがない。

 

アイヌ72%「差別感じる」=国民全体2割弱、ギャップ鮮明―政府調査 (時事通信) - Yahoo!ニュース

 政府は26日、アイヌ民族への理解度について、アイヌ自身と国民全体を対象にした二つの調査結果を発表した。
 アイヌへの差別や偏見が「ある」と答えた割合は、アイヌ自身が72.1%に上ったのに対し、国民全体では17.9%にとどまり、双方の認識ギャップが浮き彫りになった。

 菅義偉官房長官は同日の記者会見で、「国民全体でアイヌへの理解が不十分なことが原因ではないか」と指摘。その上で「政府として普及啓発などにしっかり取り組む必要がある」と強調した。

 

 アイヌに対象を絞った調査は政府として初めて。国民全体への調査は2013年以来2回目。
 アイヌ自身への調査で、差別が「ある」と回答した理由(複数回答)を尋ねたところ、「漠然と差別や偏見があるイメージがある」が54.7%で、「家族や友人らが差別を受けている」51.4%、「具体的な話を聞いたことがある」51.2%などが続いた。
 差別を「自分が受けている」との答えも36.6%に上った。その内容は、「自分に対して直接的ではないが、自分をアイヌと知らない周囲の差別的な発言を聞いた」が62.9%、「結婚や交際で、相手の親族にアイヌを理由に反対された」が57.5%などだった。
 アイヌ自身への調査は、昨年10月26日~11月20日までの間、20歳以上の1000人を対象に調査票郵送方式で実施、有効回収率は70.5%。国民全体への調査は、1月14日~24日までの間、20歳以上の3000人を対象に個別面接方式で実施、有効回収率は57.6%だった。 

 

じゃあ、仮に、政府が被差別少数派を優遇したらどうなるか? こうなる。

 

<インド>有力カーストも優遇へ…州政府、暴動受け新法 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 インド北部ハリヤナ州で今月、公務員の採用などで低カーストを優遇する「留保制度」の適用を求める比較的裕福な有力カーストのデモ隊が治安部隊と衝突し、地元メディアによると、少なくとも19人が死亡した。州政府が要求を認めたため、23日にデモはほぼ収束したが、州政府の決定に対して「留保制度の意味が失われた」との批判も出ている。

(略)

 デモを起こしたのは「ジャート」と呼ばれる農業者中心の有力カースト。比較的裕福とされ、人口が多いため政治的発言力も強い。デモでは、政府の低カースト優遇策を「逆差別だ」として自分たちにも制度を適用するよう要求。幹線道路や鉄道を封鎖し、用水路の給水施設を破壊した。

(略)

◇留保制度
 出自によって序列が決まる「カースト制度」と呼ばれる伝統的な身分制度があるインドで、少数民族や地位が低い特定のカーストに対し、優先的に大学の入学枠や公務員の採用枠などを割り当てる制度。不平等を是正する目的があるが、上位カーストからは「逆差別だ」との批判もあり、カースト単位の抗議運動がたびたび発生している。

 

日本とインドの違いは、

アイヌとダリットの違いは、

ネット上でサイバーか、路上で物理的か、の違いだけである。

インドは日本の戦略的友好国。アジアは一つだ。

 

南アジアVS東アジア~イスラムもヒンドゥーも、神は女性を殺さない。女性を殺すのは常に人間である。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

「さいぼし」か「油かす」か~天皇制と部落差別は「親子」ではなく、同じ母から産まれた「兄弟」である。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

六代目山口組分裂~朝鮮人愚連隊「明友会」VS朝鮮人ヤクザ「柳川組」~「在日VS部落」なんて事例はまず無い。ウソである。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

われわれ琉球人は、まがりなりにも琉球諸島に多数派として居住し、140万人の人口を維持している。

しかし、アイヌは約5万人、民族として自立が厳しいほど減ってしまった。

 

産経にぷんぷん~アイヌは「民族」なのに、琉球人は「県民」?~カタルーニャ~スコットランド~チベット・ウイグル。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

その要因は、やはり琉球諸島蝦夷地の面積および人口密度の差だろう。
琉球はあまりに狭く、蝦夷地はあまりに広すぎた。

日本人=やまとんちゅ=シャモにとって、

琉球は狭すぎて、入植しても、まったく採算は取れないが、

蝦夷地=北海道には、入植可能な広大な土地があった。

 

アイヌは、イメージとは異なり、素朴な自給自足の民ではない。

樺太沿海州経由で北アジアの諸帝国、歴代支那王朝ともつながる北方交易ルートを持ち、「蝦夷錦」に代表される支那の商品が、アイヌ経由で、北から日本に入る事もあった。交易に関しては、貿易立国・琉球に負けず劣らずである。

 

しかし交易だけで人口は増加しない。

人口の増減は、食糧生産性と食糧貯蔵力の有無にある。
「食料の生産・貯蔵=富の蓄積」による「暴力=権力=国家」の誕生。

メソポタミアもエジプトもインダスもギリシャもローマも「コムギ」という戦略物資がなければ、存在しない。

 

狭いながらも温暖な地域の琉球人は「コメ」という貯蔵に適した戦略物資が生産できた。よって琉球王朝という「暴力装置」も誕生させた。おかげで琉球人は何とか生き残れた。 

しかし、寒冷な蝦夷地のアイヌには「コメ」に相当する戦略物資が周辺の動植物から見出せなかった。食料の大量貯蔵=富の蓄積がないと、「アイヌ王権」という暴力装置は生まれない。

暴力装置が貧弱なアイヌが、「コメ」を武器にした和人=シャモに勝てるはずもなかった。

 

しかし、もしも、ジャガイモやトウモロコシが、2000年くらい早く、新大陸からアラスカ・ベーリング海峡経由で、蝦夷地に渡っていたら?

 

アイヌが、寒冷乾燥に強く、貯蔵可能な、ジャガイモやトウモロコシに出会い、生産・貯蔵を始めれば、人口は増大し、蝦夷地に「王権」を誕生させただろう。

蝦夷地から本州の東北部にかけて、ジャガイモとトウモロコシで繁殖したアイヌが「アイヌ王朝」を建設していれば、コメを武器に日本列島を東征・北上する和人=シャモ権力も、関東平野あたりでストップしたかも知れない。

 

となれば、朝鮮から九州・畿内と西日本の偏重した記述の日本書紀も、東日本のライバルを無視するわけにはいかないから、内容がかなり変わっていただろう。

 

イザナギ&イザナミ御二柱は「琉球」を産んでない。古事記こそ琉球独立の根拠である。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

武士の誕生も発展もぜんぜん違うものになったろうし、鎌倉幕府も出来たかどうか怪しい。

勢力を保持したアイヌはシャモから米を学び、なかなか攻め込めないシャモもアイヌからジャガイモやトウモロコシを学ぶ。そうなれば、もはやアイヌ消滅は不可能だ。日本料理もずいぶん変わっていただろう。

そもそも、日本列島が「日本」列島という名称にはならなかった可能性もある。

 

その後の日本史(日本史と呼ぶべきかどうかも検討の余地がある)がどう流れたかは別にして、

西ヨーロッパが大航海時代を迎え、ロシアがシベリアに向かって東征を開始すれば、今度は、日露外交史が、日本・蝦夷・ロシアの三国志に変貌することになる。

 

現実のこっちの世界史で、ロシアが対日戦略としてアイヌを利用することはほとんど無かった。利用するにはあまりに規模が小さすぎたということかもしれない。

しかし、アイヌが史実の10倍以上の人口を抱えていたら、琉球並みの国家を持っていたら、ロシア帝国アイヌ王朝の「対日同盟」もありえた、

逆に、日本がロシアと組んでアイヌを挟み撃ちにしたかもしれない。

 

どっちにしても、そのややこしい場所に、イギリス、フランス、アメリカが介入してくるわけだ。

そして、(おそらく)天皇制を持たなかった何百万人単位のアイヌが、それまでに仏教も入っていただろうが、新しくキリスト教に出会って、改宗しない理由も少ない。

北の大地でトラピスト修道院やハリストス正教会だけが観光名所にはなっていなかった可能性も高い。

 

その後のアイヌは、ロシア革命の影響も受けるだろう。

スターリンによって、ロシア領エゾのアイヌが、中央アジアカザフスタンなりボルガ流域なりに万単位で集団移住させられた可能性もある。

 

「固有の領土」なんてもんは、この地球上に1坪もない~「北方領土」VS「北千島・南樺太・朝鮮半島・台湾」 - 在日琉球人の王政復古日記

 

生き残ったら生き残ったで、楽な人生ばかりともいえない。

王朝解体、民族同化、数度にわたる琉球処分も甘んじて受け、ヤマトンチュには逆らわず、武器を持たず、とにかく戦わないように努力した挙句が、オキナワ戦で皆殺しにされかけた琉球人も似たようなもんだった。

歴史の法則では、溜まったツケはどこかの時点で支払うようになっているらしい。

 

島尻安伊子、今井絵理子~歯舞は「ハブ」に改称すべき~韓流・朝鮮人より深刻な「琉球人によるヤマト侵略」。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

パトリオティズムVSお引越し~シリア人は内戦を嫌ってドイツへ逃げた。琉球人もオスプレイがイヤなら佐賀へ逃げろ。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

戦後日本の左翼は、「対米日本民族解放闘争」的な面はあったものの、主流は資本対労働の「階級闘争」であり、日本のマイノリティに目を向けた「少数民族解放闘争」は、「階級闘争」敗北後の1970年代になって、やっと、出てくる。「在日」なり「オキナワ」なりの用語が左翼業界で人気になるのもこの頃からである。

 

その中でも、共産主義に傾倒して、北海道独立・対日民族解放闘争をやろうという革命組織は、人口が減りすぎたせいか、アイヌの中には生まれなかったようだ。私が知らないだけであったらゴメン。

しかし和人=シャモ側には、「アイヌ抑圧への罪悪感」と「共産主義」を化学反応させたような過激派が生まれている。

 

その名も「東アジア反日武装戦線」。

「東アジア」で「反日」である。

21世紀のネット保守をすこぶる刺激するネーミングだ(笑)。

 

この組織は、大道寺将司を始めとして北海道出身者が非常に多い。

地域色の強い、日本の左翼の中でも、珍しいタイプだ。

ある意味、北海道の風土と、アイヌの見えない影が、産み落とした過激派だった。

 

とまあ、最後までまとまらない話になってしまったが(笑)、根性なし琉球人としては、偉大なる抵抗者・アイヌの先輩方には、これからもサバイバルしてもらいたいと思っている。「戦い続け、殺され続けた歴史」を誇りにして欲しい。 

 

「あゝ上野駅」はもう存在しない~衰退は東京の搾取?維持は東京のお陰?~東北900万人割れ。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

「最高の知性を持った食肉昆虫」レーニンを産んだ「ロシア」という異界。 - 在日琉球人の王政復古日記

 

イワン・カラマーゾフVS大審問官~19世紀ロシアからの問題提起は21世紀日本でも何も解決されていない。 - 在日琉球人の王政復古日記